MENU

正中線は消すことができます。正中線の原因と消す方法

妊娠中は体に様々な変化が起こります。小さなことにも戸惑い、不安になりますよね。
その中に「妊娠してからお腹の真ん中に黒い線(茶色い線)ができた!」という妊婦さんが多くいらっしゃいます。色には個人差がありますが、それは「正中線」と呼ばれるもの。正中線とは何か、消すことはできるのか、そうした疑問についてお応えします。

 

 

妊娠中にお腹の真ん中にできた線は正中線?

 

お腹の真ん中、お臍の上下にできる黒い線(茶色い線)を「正中線」と言います。妊娠中の「線」と言えば「妊娠線」を思い浮かべる方が多いと思いますが、正中線は妊娠線とはまったく違うものです。
正中線は男女を問わず生まれつき持っているもの。そんな正中線について、もう少し詳しくお伝えしていきます。

 

正中線ができる理由と妊娠線との違い

 

正中線とは、人の体の中心にある線のことです。
人が胎児としてお母さんのお腹の中にいるとき、そこでは細胞分裂が起こっています。その細胞分裂によってできるのが正中線。胎児のときにできるので、男女を問わず持っています。例えば、人の鼻の下にある線も、同じように細胞分裂でできたものなのです。

 

妊娠してからできたように見えるのはなぜ?

もともと持っているものなので、それまでは目立たなかっただけだと言えます。
正中線が目立つようになるのはメラニン色素が原因。妊娠するとホルモンバランスや新陳代謝の乱れから、メラニンが蓄積されやすくなります。妊娠中はシミや黒ずみができやすくなりますよね?正中線もメラニンによって色が濃くなるのです。

 

正中線と妊娠線との違いは?

正中線はメラニン色素が原因なので、痛みもかゆみもありません。また、できる場所はお腹の真ん中でお臍の上下に1本、ほぼ真っすぐにできます。
一方、妊娠線の原因は、お腹が大きくなることで真皮や皮膚が引っ張られて裂けることです。これは傷ができるのと同じなので、痛みやかゆみを伴います。また、線の数は複数で、できる場所も一ヶ所ではありません。

 

正中線と妊娠線にはこうした違いがあるのです。
でも、お腹にできた線が気になることに変わりはありませんよね。正中線を消すにはどうしたらいいのでしょうか?

 

正中線は消える?消す方法はあるの?

 

まず、「正中線は消えます!」ので、安心して下さいね。
先にお伝えしたように、原因はホルモンバランスや新陳代謝の乱れなどによるメラニンの蓄積。つまり、こうした原因が正常な状態に戻れば、正中線も自然と薄くなり消えていくのです。
正中線の濃さには個人差があり、そのため消えるまでの期間にも大きく差が出ます。早ければ半年ほど、長くても1年程度というところです。

 

そうは言っても「気になるから早く消したい!」という人もいるはず。
そんなときは、お腹をしっかり保湿しましょう!潤いを与えると新陳代謝が高まり、ターンオーバーが正常化してメラニンの排出につながります。保湿には妊婦さんや赤ちゃんにも優しい、妊娠線ケアクリームや正中線ケアクリームがおすすめです。

 

正中線はケアをすることで早く目立たなくすることができます

 

正中線は誰もが生まれながらに持っているもの。
妊婦さんは、ホルモンバランスの乱れなどでメラニンが蓄積されやすく、正中線が目立ってしまうだけです。自然に消えるものなので、安心して下さいね。

 

正中線の濃さには個人差があり、多くの人は長くても産後1年程度で消えていきます。
もっと早く消したい、なかなか消えないという方は、妊娠線クリームや正中線クリームでしっかりケアしましょう。

 

気にし過ぎはストレスになるので好ましくありませんよね。
育児で忙しくなりますから、赤ちゃんの成長を見守っているうちに時間はあっという間に経ってしまいます。
「正中線は時間が経てば消える!」と頭に入れて、あまり気にせずに赤ちゃんとの時間を大切にして下さいね。