妊娠線ができやすい人とできにくい人の特徴

「新しい命を授かる」とても素晴らしいことですね!おめでとうございます!

 

初めての妊娠だと、嬉しいのと同時に少し不安もありますよね。そこでいろいろと勉強するわけですが「妊娠線について知りたい!」という妊婦さんはとても多いのです。

 

妊娠線はなぜできるのか、できやすい人・できにくい人の違いはなにか、どうすれば妊娠線を作らないようにできるのか…。そんなあなたの疑問についてお伝えします。

 

知りたい!妊娠線のこと 〜できやすい人とできにくい人はどう違う?〜 

 

妊娠線ができるのはお腹が急激に大きくなることで、皮膚が引っ張られ真皮が裂けてしまうため。残念ながら皮膚表面に現れた妊娠線は、薄くすることはできても完全には消えません。
ですから、作らないためにどうすべきかを知ることが大事。
妊娠線のできやすさは体質によっても異なりますが、体重管理や毎日のケアが重要なポイントになってきます。

 

このあとは、妊娠線の「できやすい人」と「できにくい人」について、具体的にお伝えしていきます。

 

妊娠線ができやすいのはどんな人?

 

妊娠線ができやすい人には以下の特徴があります。

・急激に体重が増加する人
・細身で小柄な人
・皮下脂肪の多い人
・乾燥肌の人
・アトピーを持っている人
・多胎妊娠の人
・高齢妊娠の人
・経産婦の人

 

それぞれの項目について詳しく見てみましょう。

 

・急激に体重が増加する人
まず気をつけたいのが急激な体重の増加。特に10kgを超える急激な増加は要注意です。

 

・細身で小柄な人
細身の人や小柄な人も妊娠線ができやすいと言われています。これはお腹が大きくなると、狭い面積の皮膚が引っ張られてしまうために起こります。

 

・皮下脂肪の多い人
皮下脂肪が多い人も妊娠線はできやすくなります。皮下脂肪はあまり弾性がないので皮膚が伸びにくいのです。

 

・乾燥肌の人
乾燥肌の人はもともと潤いが不足している状態。そのため皮膚が伸びにくく妊娠線ができやすくなります。

 

・アトピーを持っている人
アトピー体質の人は、治療にステロイドを処方されていることが多いですね。ステロイドには、肌の弾力を弱める作用があるので皮膚が伸びにくくなってしまいます。

 

・多胎妊娠の人
多胎妊娠はお腹に赤ちゃんが2人以上はいるわけですから、通常よりもお腹が大きくなるのは当然ですね。その分、妊娠線はできやすいということになります。

 

・高齢妊娠の人
高齢妊娠の場合は年齢的に肌の弾性が失われ気味で、妊娠線ができやすい状態になっていることが多いのです。

 

・経産婦の人
経産婦さんは妊娠線ができやすくなっています。すでに妊娠出産を経験しているため、皮膚は伸びやすい状態です。しかし、その伸びやすさが急激にお腹を大きくする原因になります。

 

急激にお腹がふくらむ人や、お肌をみずみずしく柔軟に保てていない方の多くが妊娠線のできやすい人だといえますね。
もちろん、年齢やアトピー、多胎妊娠など自分ではどうにもできない場合もありますが、体重管理とお肌のケアをしっかりと行うことで妊娠線ができにくい体を作ることも可能です。

 

妊娠線ができにくい・できないのはどんな人?

 

妊娠線ができにくい・できない人には以下の特徴があります。

・体重を管理している人
・お腹があまりふくらまない人
・皮膚に潤いがある人
・適度な運動をしている人
・皮下脂肪が少ない人
・専用のクリームなどでケアしている人

それぞれの項目について詳しく見てみましょう。

 

 

・体重を管理している人
妊娠線ができにくい人はゆっくりと体重が増えるように管理しています。さらに体重の増加が8kg以下という人が多いのも特徴です。

 

・お腹があまりふくらまない人
お腹があまり大きくふくらまなければ、皮膚がそれほど引っ張られずに済むので妊娠線はできにくいのです。

 

・皮膚に潤いがある人
皮膚が潤っていると弾性もあるので、引っ張られても伸びやすく妊娠線はできづらいと言えます。

 

・適度な運動をしている人
安定期に適度な運動をしている人は、代謝が良くなることで妊娠線ができづらくなります。もちろん、きちんと医師の指示に従って行って下さいね。

 

・皮下脂肪が少ない人
皮下脂肪が少ないと妊娠線はできづらいと言えます。ただ、皮下脂肪は赤ちゃんのために必要なので、極端に少ないことが良いわけではありません。

 

・専用のクリームなどでケアしている人
専用のクリームやオイルでケアをしていると、皮膚に潤いや弾性を与えることにつながり、妊娠線をできにくくすることができます。

 

体重はゆっくり増えるように管理し、皮膚の潤いと弾性を保つようにケアしている人は、妊娠線ができにくいと言えますね。また、安定期には適度に運動することも妊娠線予防に効果が期待できます。
日々のケアがとても大切だということですね。

 

妊娠線のできにくい体を作るために!

 

妊娠線ができるのは、お腹が大きくなることで皮膚が引っ張られるのが原因です。でも、皮膚に潤いと弾性があれば、妊娠線はできづらくなります。

 

そして重要なのは体重管理。妊婦さんは赤ちゃんと出産のために栄養を摂る必要がありますよね。でも体重管理を怠ると妊娠線のできる確率は上がります。しかも、妊娠線は一度できると完全に消すのは難しいので、できる前からケアすることが大切なのです。

 

妊娠線のできにくい体を作るなら、体重管理とともに保湿を行い皮膚に潤いと柔軟性を与えましょう。妊娠線の専用クリームやオイルを使うと良いでしょう。安全な成分で体への異常も気にしないで済むので、妊婦さんも安心して使えますよね。

 

妊娠線を作らないためには毎日のケアがとても大切になります。
「絶対にできない」とは残念ながら言いきれませんが、体重管理と保湿ケアはきっとあなたの役に立つはずです。