MENU

口コミで人気の妊娠線クリーム比較|ランキングを信じない本気の比較

妊娠線の予防やできた妊娠線を消すのに使われる妊娠線クリーム。

 

妊娠線クリームは今ではたくさんの種類のものが販売されており、どんなものが妊娠線に効果があるのかわからない方も多いと思います。

 

そんな、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまう妊娠線クリームについて、おすすめのものをここでは紹介していきます。

 

口コミで人気の妊娠線クリームや、あまり紹介されていないものも全て比較して紹介をしているので、妊娠線クリーム購入の参考にしてください。

 

妊娠線クリーム比較

 

妊娠線5分講座で比較した妊娠線クリームを紹介しています。

 

各商品の紹介部分に

  • 刺激の低さ
  • 保湿成分の配合量
  • 妊娠線が発生する真皮をケア成分の有無
  • 産後の妊娠線ケアに向いているか
  • 伸びのよさ

の5つの項目を用意し、それぞれのポイント比較を行っています。妊娠線クリームは妊娠線の予防やケアに使用するもの。価格の紹介もしていますが、価格は比較軸に入れていません。
※MAXは「18pt」です。

 

ベルタマザークリーム

単品価格
6980円(送料無料)
定期価格
初回500円(送料無料)
2回目以降4980円(送料無料)

 

総合ポイント:17pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

8種無添加

高配合

シラノール誘導体

シラノール誘導体/プラセンタ/コエンザイムQ10

120g(1ヶ月)

 

-口コミ-
・無香料でつわりのときでも使えました。
・使用感も良く、妊娠線ができませんでした。
・肌に合わず、べたつきがきになりました

妊娠線クリームの代名詞、ベルタマザークリーム。
妊娠線予防に必要な成分をギュッと詰め込んでおり、できた妊娠線のケアにも高い効果を発揮します。
柑橘系の香りと伸びの良いテクスチャーで使用感も抜群。

 

定期購入に6回の縛りはありますが、妊娠線予防は半年以上の期間をかけて行うもの。
総コストも25400円と、1月あたり約4000円のコストで最上級の妊娠線ケアができてしまいます。

 

名実共に申し分なしの妊娠線クリームの王道です。

 

>>ベルタマザークリームの詳細をみる

 

AFCマタニティクリーム

単品価格
2800円+税(送料無料)
3本まとめ買い価格
7500円+税(送料無料)
定期価格
3本6720円+税(送料無料)

 

総合ポイント:11pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

3種無添加

高配合

アラントイン

120g(1ヶ月)

 

-口コミ-
・値段が安いのに効果が高い
・保湿力が高くてすごくしっとりします
・安いだけあってあまりいいとは言えないかな

産婦人科の先生からおすすめされる妊娠線クリームです。
含有成分はベルタには劣りますが、効果もテクスチャーも良く価格が抑えられているので人気を誇っています。

 

100人の女性から「こんなクリームあったらいいな。」という声から生まれたAFCマタニティクリーム。
価格が魅力の妊娠線クリームです。

 

>>AFCマタニティクリームの詳細をみる

 

NOCOR(ノコア)

単品価格
6980円(送料無料)
浸透セット価格
11870円(送料無料)
定期価格
2本セット12960円(送料無料)

 

総合ポイント:16pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

10種無添加

配合

EGF

EGF/FGF

120g(1ヶ月)

 

-口コミ-
・使っているうちに妊娠線が薄くなりました
・セルライトにも効果がありました
・予防に使ってたらガッツリ妊娠線できました

できた妊娠線・肉割れを消す為に開発された妊娠線クリーム。
妊娠線を消す効果に優れているということは、妊娠線予防にも最適である証拠です。

 

価格帯は少し高めですが、高い効果が期待できます。
10日間の返金保証もついていますので、万が一お肌に合わなくても安心です。

 

>>NOCOR(ノコア)の詳細をみる

 

素顔のママで

単品価格
5800円(送料無料)
定期価格
初回1980円(送料無料)
2回目以降3980円(送料無料)

 

総合ポイント:10pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

7種無添加

高配合

プラセンタ

50g(1ヶ月)

 

-口コミ-
・すごく伸びがいいです
・2人目、3人目でも妊娠線はできませんでした
・量が少ないのに高すぎ

保湿力に注目し、高い保湿効果を得ることに高い効果を発揮する素顔のママで。
保湿成分に加えて、妊娠中に気になる黒ずみや産後のシワにアプローチする効果を持っています。

 

4回の定期購入縛りがあり、定期購入した場合の総コストは13920円。
価格帯だけを見たらお得ですが、内容量が50gと極端に他の商品に劣っているので少し不安が残ります。

 

>>素顔のママでの詳細をみる

 

Forfamボディミルク

単品価格
2900円+税・送料
ミルク&ローションセット価格
5220円+税(送料無料)

 

総合ポイント:13pt

刺激 保湿成分 真皮 産後 伸び 内容量

6種無添加

高配合

300g(1ヶ月)

 

-口コミ-
・これがあれば妊娠線クリームはいらない
・無添加なので安心して使えます
・ポンプが倒れやすい

妊娠線専用のクリームではありません。
しかし、その高い保湿効果は妊娠線予防にも役立つと評判です。

 

生まれたての赤ちゃんのスキンケアにも使用でき、赤ちゃんを乾燥やアトピーを防ぐのにも役立ちます。
妊娠中・出産後の母子のスキンケアに活躍するクリームです。

 

>>Forfamボディミルクの詳細をみる

 

キャリネスボディクリーム

単品価格
6696円(送料無料)

 

総合ポイント:12pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

4種無添加

高配合

シラノール誘導体

200g(1ヶ月)

 

-口コミ-
・シラノール誘導体が入っているので効果期待
・保湿力が高くていい
・ちょっと高いから何とかして欲しい

妊娠線予防から産後の体型戻しにも活躍するキャリネスボディクリーム。
保湿効果もさることながら、美容成分もギュッとつまっている妊娠線クリームです。

 

妊娠中に限らず、普段のスキンケアにも活躍する皮膚科医監修のクリームです。

 

>>キャリネスボディクリームの詳細をみる

 

ママ&キッズナチュラルマーククリーム

通常サイズ価格
2916円(送料無料)
お徳用サイズ価格
8100円送料(送料無料)

 

総合ポイント:12pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

2種無添加

高配合

通常サイズ150g(1ヶ月)

 

-口コミ-
・乾燥、かゆみが全くありません
・全部使い切れるのが嬉しい
・まだ臨月じゃないのに妊娠線だらけです

お肌の柔軟性に着目して作られたママ&キッズナチュラルマーククリーム。
低刺激にこだわった高保湿クリームは12時間経ってもお肌の潤いを守ってくれます。

 

通常サイズよりもお徳用サイズを購入したほうがコスパがよくなります。

 

>>ママ&キッズナチュラルマーククリームの詳細をみる

 

センクリアホワイト

単品価格
2800円+送料
3個セット価格
7980円+送料

 

総合ポイント:7pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

具体的な種類不明

配合

40g(1ヶ月)

 

-口コミ-
・質は悪くないと思う
・保湿力は高め
・価格が高すぎて現実的じゃない

自然素材だけで作られたセンクリアホワイトは、芸能人も使用するほどの口コミで話題の妊娠線クリーム。
国産で妊婦さんの意見を参考に作られたクリームです。

 

内容量が少ないのがネックなところです。

 

>>センクリアホワイトの詳細をみる

 

クラランスストレッチマークボディクリーム

単品価格
8100円+送料

 

総合ポイント:9pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

不明

配合

200g(1か月分)

 

・13キロも体重が増えたのに妊娠線できませんでした
・保湿効果が高いです
・高い割に他との違いがわからない

-総評-
芸能人も好んで使用するクラランスの妊娠線クリーム。
お肌を柔らかく保ち、弾力のある妊娠線のできにくいお肌つくりをサポートしてくれます。

 

価格は妊娠線クリームの中でも高めです。

 

>>クラランスストレッチマークボディクリームの詳細をみる

 

ママケアクリーム

単品価格
5500円(送料無料)
定期価格
初回500円(送料無料)
2回目以降4950円(送料無料)

 

総合ポイント:17pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

8種無添加

高配合

シラノール誘導体

EGE/HGF/シラノール誘導体/プラセンタ

120g(1か月分)

 

-口コミ-
・乾燥肌でしたが保湿力が高く気に入りました
・肌にすぐ馴染んでべ手つきがありませんでした
・特別すごいという感覚はありませんでした

妊娠線予防や妊娠線を消すために使用されるクリームに配合されている成分をギュッと詰め込んであるのがママケアクリーム。
妊娠線のできにくいお肌を作るサポートをしてくれます。

 

他の商品の2番煎じ感が否めず、定期購入縛りが6回あるところが少し気になりますが、実績のある成分を多数含んでいるので効果は期待できます。

 

>>ママケアクリームの詳細をみる

 

プラジェントラクリームプラス

単品価格
6500+税円(送料無料)

 

総合ポイント:14pt

刺激 保湿 真皮 産後 伸び 内容量

4種無添加

配合

EGF

EGF/FGF/アラントイン

130g(1ヶ月)

 

-口コミ-
・1本使い切ってやっと肌がしっとりしてきたような
・香りが気に入りました
・値段の割りに着たいできなさそう

保湿効果に加えて、成長因子を含んでいることで妊娠線予防に役立ちます。
海外でも使用されている妊娠線クリームで、数多くの賞を受賞。

 

世界で活躍する妊娠線クリームですが、妊娠線に効果的だといわれるEGFやFGFの含有量がクリーム内でもっとも少ないのが気になります。

 

>>プラジェントラクリームプラスの詳細をみる

妊娠線クリームの選び方

妊娠線クリームの選び方にはいくつかのポイントが存在します。

  • 価格
  • 効果
  • 内容量
  • テクスチャーや香り

 

妊娠線クリームは無理をして価格の高いものを選んでも妊娠線が予防できる確率が100%になるものではありません。そのため、あなたの生活と好みに合ったものを選ぶことが大切です。

 

ですが、特に重視したいのは効果の部分。

 

妊娠線クリームと呼ばれるクリームはたくさん存在しますが、全てが妊娠線の予防や妊娠線を消す効果に特化した成分を配合しているわけではありません。妊娠線クリームと言っておきながら、普通の保湿クリームより少しだけ保湿力を高めただけのものも存在するのです。

 

そのため、しっかりと予防したいと考えているあなたにとって、妊娠線クリームの効果をしっかりと理解して購入するのが大切です。しかし、妊娠線クリームは効果があるものほど価格が高いという現実もあります。

 

あなたの生活の状況を考えて、その中でも高い効果が得られるものを選ぶようにしてください。妊娠線クリームを選ぶポイントについて、それぞれの項目の見極め方を詳しく見ていきましょう。

 

妊娠線クリームの価格について

 

妊娠線クリームの価格は効果が高そうなものほど値段が高くなっていきます。効果の高い妊娠線クリームの値段が高くなるのは、妊娠線のできるメカニズムにちゃんと働きかける成分が含まれているからです。

 

産婦人科の先生や助産師さんに妊娠線予防について相談すると、「妊娠線の予防は保湿だけで十分。」といわれることが多いようですが、妊娠線を予防するのには保湿だけでは不十分。

 

妊娠線予防は、妊娠線が発生する真皮層のケアができるかどうかが妊娠線を予防できる鍵となります。しかし、一般的な化粧品や保湿クリームでは真皮層のケアをすることがなかなかできませんし、真皮のケアのできる成分が含まれた妊娠線クリームの種類が少ないのが現状です。

 

価格の高い妊娠線クリームには、真皮層のコラーゲン質の生成を助ける成分や、そのほかにも表皮の働きを活性化させてお肌を裂けにくくする成分が含まれています。逆に、価格が低い妊娠線クリームは表皮の保湿効果に優れていることが多く、妊娠線のケアにはあまり向いていないことが多くあります。

 

高い妊娠線クリームを使い続けても、半年で約3万円程。1ヶ月のコストは焼く5000円前後です。

 

あなたの生活に合わせたものを購入することも大切なことですが、本気で妊娠線のケアをするならちょっとだけ背伸びをして価格が高めの妊娠線クリームを選ぶのがおすすめです。

 

妊娠線クリームの効果について

妊娠線クリームの効果は、妊娠線ができにくいお肌を作ること。そして、できてしまった妊娠線を消すための効果に優れていること。

 

しかし、妊娠線クリームと謳って販売されているクリームでも、通常の保湿クリームとあまり大差ないようなものも販売されています。

 

妊娠線クリームに求められる効果は、

・真皮層を整える効果
・お肌の再生力を高める効果
・お肌のターンオーバーが正常になる効果
・バリア機能を正常に働かせる効果
・お肌の細胞同士をつなぎ合わせる効果

の5点。

 

妊娠線は、お肌の活動が弱った妊婦さんだからこそできやすくなってしまっている症状です。そのため、妊娠線クリームは妊娠中であるあなたのお肌の活動をサポートする成分が含まれていないといけません。

 

妊娠線は真皮層から発生して表皮まで裂けてしまう症状だからこそ、お肌の内側を健康にイキイキと活動させる為の効果が求められます。そのため、保湿効果だけに注目して作られた妊娠線クリームは、妊娠線に対する効果が弱いと判断ができますね。

 

 

妊娠線は妊婦さんの約8割の方にできてしまう症状です。効果の高い妊娠線クリームを使用したとしても、妊娠線予防が100%できるわけではありません。

 

少しでも妊娠線発生のリスクを減らすためにも。
少しでも妊娠線を早く消すためにも。

 

効果の高い妊娠線クリームを選ぶようにしましょう。

 

内容量の選び方

 

内容量を選ぶときには、最低120gの内容量のあるものを選ぶようにしましょう。妊娠線クリームは伸びが良く内容量が少なくても妊娠線のケアができるという特徴を持っていますが、120gを下回った内容量だと1ヶ月間も持たないことがあります。

 

せっかく高価な妊娠線クリームを使用して妊娠線の予防をしているのに、半月でクリームがなくなってしまった、、、
なんてことになってしまうと、コストばかりがかさんで効果がなかったときのショックは計りきれません。

 

1ヶ月で使いきれる内容量の目安として120gは必要だと覚えておきましょう。

 

テクスチャーや香りの選び方

 

基本的に妊娠線クリームは伸びが良く、こっくりしすぎているものはありません。ですが、もし気になる妊娠線クリームがこっくりしているタイプで伸びに問題があるようでしたら伸びの良いものを選ぶようにしましょう。

 

なぜ妊娠線クリームのテクスチャーがこっくりしすぎておらず、伸びの良いものがいいのかというと、妊娠線をケアする面積が広いという理由があるからです。妊娠線はお腹だけでなく胸や太もも、二の腕にもできたりするもの。また、お腹だけでも妊娠後期になるととても広い面積をケアしてあげなければいけなくなります。

 

そんなときにこっくりした伸びの悪いクリームを使用していると、ケアをするのが大変です。伸びの良い使いやすいものを選ぶようにしてください。

 

そして、選ぶときにもっとも慎重になってほしいのは、妊娠線クリームの香りです。
通常、妊娠線クリームはほのかに香る程度にリラックスできる香りがついています。そのため、悪阻や好みの変化によって自分に合わない香りの物を選んでしまうと、使い続けるのがとても大変になってしまいます。

 

基本的には妊婦さんの体に合わせた香りをつけているので大丈夫だと思いますが、各商品の香りで苦手な香りの物があったら避けるようにしてください。