MENU

コスパの良い妊娠線クリームの代わりになるものはあるの?

妊娠線のお手入れはしたいけど専用のクリームは高いし、出来るだけ節約したいと思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。「クリームやオイルって市販でもっと安く購入できるし今使っているものじゃダメなのかな?」といった疑問は妊婦さんからも多く寄せられます。そんな疑問に応える為に、妊娠線対策用のクリームやオイルと市販で販売されているクリームやオイルの違いを説明します。妊娠線を絶対に作りたくないと考えている妊婦さんは、妊娠線対策用を使うべきです!その理由をご紹介しますね。

妊娠線対策用クリームやオイルと市販の相場って?

妊娠線対策用のクリームやオイル、それぞれの相場について詳しく見てみましょう。
妊娠線対策用に販売されているクリームやオイルは使用する量によって異なりますが、2〜3カ月分の量が入っていて、2000円代〜6000円代とメーカーによって金額は様々です。
それに対し、一般で販売されているものは2〜3カ月分1000円以下で購入できるものがほとんどです。中には高級クリームとして販売されているものでも2000円あれば十分お気に入りのものを選んで購入することが出来ます。妊娠線対策用のクリームやオイルと市販でこれだけ金額に差があると悩むのも当然ですよね。妊娠線対策用のクリームやオイルは急激にお腹の大きくなる前の4カ月〜5カ月頃から使い始めます。出産時に妊娠線が出来てしまうこともあるので、直前までつかうものと考えると約半年もの間、毎日妊娠線対策用のクリームやオイルを使う必要があります。

妊娠線クリーム以外の方法でお手入れできる?

妊娠線対策用のクリームやオイルって、市販のものと比べるとやっぱり高いですよね。そうなると気になるのは、市販で販売されているクリームやオイルで代用することは出来ないのかということ。
様々なメーカーから販売されている保湿クリームや、オリーブオイルやココナッツオイル、バイオイルを使って妊娠線クリームの代用をすることは出来ます。妊娠線予防に大切なのは何よりも保湿なので、保湿効果だけなら市販でも補うことはできるからです。
もともと、市販で販売されているクリームやオイルは対象としている利用者が違う為、お肌の乾燥を防いだり、つやを出したり、手触り感をよくする程度の効果しかありません。それ以上の高い保湿効果を求めるのであればクリームやオイル自体が高額になることや、日々のお手入れにさらにプラスして購入する必要があり、そうなると逆にコストがかさみ高くついてしまいます。

妊娠線クリームと保湿クリームの明確な違いはここ!

結局のところ、妊娠線クリームと保湿クリーム結局は何が違うのか気になりますよね。保湿というのは皮膚の表面の乾燥を防ぐことは出来ますが、その保湿成分は皮膚の奥深く迄浸透しない為、妊娠線を予防することには繋がらないのです。それに対し妊娠線クリームは、美容成分はもちろん、肌の奥深く迄保湿成分を浸透させる成分が沢山配合されていますので、使い続けるとお肌の柔らかさを出しつつ、急なお腹の伸縮にも耐えられるような柔軟性を作り出すことが出来ます。血液の循環を良くしたり、妊婦さんには欠かせない葉酸を配合している妊娠線クリームもあったり、お肌がプルプルになったなんて嬉しい声も。妊娠線クリームは実際に使用したママ達の声を参考に作られ、改良されているものなので妊娠線にとても効果的なのです。またどんどん大きくなるお腹でも使えるように伸びが良くべたつかないのも嬉しいですよね。妊娠線を少しでも防ぎたい妊婦さんにとって欠かせません。

妊娠線クリームをおすすめするもう1つの理由

妊娠線対策用クリームやオイルは市販のものとは違い、妊娠線に悩む妊婦さんの為に作られたものです。安全性にもこだわり、お肌が敏感になる妊婦さんにも嬉しい無添加で作られているので、妊娠中赤ちゃんによくないとされる合成成分が含まれていません。妊娠線対策用のクリームやオイルは、妊婦さんや赤ちゃんにも優しい仕様で作られ安全性もお墨付きです。お肌の優しさや安全性を重視するのであれば妊娠線クリームがおすすめです。

コスパを考えればやっぱ妊娠線クリーム

どうしても金額だけ見るとどちらを購入しようか悩んでしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。保湿をするだけが目的であれば市販のものでも十分補うことが出来ます。ただ、本格的に妊娠線のお手入れをするのであれば妊娠線の方がコスパもいいのでおすすめです。
妊娠線対策用のクリームを使えるのは妊婦さんの特権です。こだわりぬいた妊娠線対策用のクリームやオイルは見た目も可愛くこだわっているので、あなただけのお気に入りの1点を見つけて妊娠中の生活を楽しみましょう。妊娠中だからこそ、値段にこだわらず保湿効果や妊娠線予防に効果の高いものを使って、毎日お手入れするようにしましょうね。