MENU

腹帯の妊娠線予防効果って?

妊娠中期に入り、腹帯を使った妊娠線予防を考えている人もいるのではないでしょうか?
日本では腹帯は妊娠5か月目にあたる戌の日に巻き始める習慣があります。
腹帯をつけるのは主に日本だけの習慣で海外では腹帯を付ける習慣はありません。
腹帯は気になる妊娠線の予防にもなり、それ以上の相乗効果も期待できるとされています。
具体的にどんな効果があるのか?また、どんな使い方をするのがおすすめなのか妊婦さんなら知っておきたい腹帯について紹介致します。

腹帯を使うことで妊娠線予防に効果があるの?

腹帯というとどんなイメージですか?
見た目可愛くないし、何だか嫌だな…と感じる妊婦さんもいるようですが、腹帯は付けるだけで妊婦さんにとってメリットとなることが沢山あります。
腹帯とは腹巻やガードルのような働きをしているもので、妊娠中期以降、段々大きくなる妊婦さんのお腹をしっかりサポートしてくれる働きがあります。腹帯をつけることで皮膚の突然の伸びを抑え、皮下脂肪の断裂を防ぐ役割もあります。
他にも、妊婦さんは大きくなってきたお腹を支えるのに骨盤に不可がかかるばかりか、猫背気味になってしまい腰や背中に思っている以上に負担がかかってしまいます。腹帯を使えば負担を軽くすることで腰痛の防止にも繋がります。妊娠中はお腹が大きくなりバランスが取りづらく足元が見えないので、転倒してしまう危険性があります。腹帯はそんな外傷からも守ってくれる効果も期待できるので妊婦さんにとってとても大切な役割を果たします。

腹帯の効果的な使用方法と腹帯のメリット

腹帯と一言でいってもいろいろなタイプのものがあります。その中でもおすすめなのはお腹の安定感の大きなさらしタイプのもの。
さらしタイプは他の腹帯と比べて長さがあるので自分で強弱を調整できることや、妊娠後期の大きなお腹でもしっかりと安定させることが出来ます。それに対し、腹巻タイプのものは締め付け感がなく巻いていてもゆるめなのが特徴です。その為、夏などの暑すぎて蒸れるのが嫌いな妊婦さんや、締め付け感が苦手な妊婦さんにもおすすめなのが腹巻タイプの腹帯となります。腹帯は1日中付けていると大変なので寝る時だけつけるようにしても、付けないよりは妊娠線予防の効果を発揮してくれます。
その他、パンツスタイルでも使いやすいガードルタイプの腹帯などもあります。妊娠中はストレスに感じることは出来るだけ避けた方がいいので、自分にあった腹帯を選んで快適に過ごせるようにしましょうね。

また、腹帯には保温性と保湿性も期待できます。
お腹がどんどん大きくなってくるとお腹の毛穴が開いてきます。毛穴が開くと体内の熱と水分を放出しやすくなりますので、熱と水分の放出されるママの体は冷えやすく乾燥しやすい体へと変化してしまいます。体を冷やすと血液の流れを悪くしてしまい赤ちゃんにいい影響を与えませんし、乾燥も妊娠線を作原因になりかねません。妊娠中は特に体調を崩しやすいので、体の冷えや乾燥でトラブルが起きないよう気を付けたいところですね。
保温対策は腹帯を巻いているだけでOKですが、保湿対策には腹帯と妊娠線クリームを同時に使うのが効果的です。妊娠線クリームをたっぷりつけてマッサージしてから、腹帯でお腹を保持すると高い保湿効果が得られるので乾燥しがちなお腹の乾燥対策に役立ちます。

腹帯をした方がいいのはわかっていても腹帯特有の締め付けや、夏の暑い時期は付けない妊婦さんもいるので腹帯を使う、使わないは人それぞれです。あまりきつ過ぎる腹帯を使うと血行が悪くなる場合があるので注意してくださいね。
現代では腹帯を付けない方針のお医者さんもいるので、使うか迷った時は主治医の先生に事前に相談してみるのがおすすめです。

腹帯を選ぶ時は肌触りや素材から選んでみてもいいかもしれません。
通気性がいいものなら年中通して使えます。冬なら保温性があるものがおすすめですし、用途や好みに合わせて何枚か使い分けてみてもいいかもしれません。
今は腹帯でも可愛いデザインのものや色なども選べますよ。腹帯を使って妊娠線予防に役立てましょうね。